仮想通貨や株を中心に、就活等についても書いたブログ

投資中級者向け

WACC(加重平均資本コスト)とは?計算方法や具体例で解説!

更新日:

 

WACC(加重平均資本コスト)とは

WACC(Weightted Average Cost of Capital)は日本語で言うと加重平均資本コストのことです。

ただ実際に使うときにはWACC:ワックと呼ぶことが多いですね。

株式に対するコストを株主資本コストと言いますが、株式も負債も合わせて、投資されている全ての資本の平均コストがWACCとなります。

 

企業から考えるとWACCは資本のコストです。

逆に投資家サイドから考えると、企業は少なくともWACCを超える利益をあげることを投資家は期待しています。

そのため、企業価値向上のためにはWACCを超える利益をあげなければなりません。

 

ちなみに株主資本コストに関しては別の記事に書いています。

株主資本コストとは!計算方法もわかりやすく解説

株主資本コストは、株価モデルやNPV等の計算では当然のことのように出てきます。 また伊藤レポートが話題になったときなんかは、「株主資本コストを超えるROEがなければ株主の価値を破壊している!」といった ...

続きを見る

 

WACC(加重平均資本コスト)の計算式

WACCの計算式は以下のようになります。

\begin{eqnarray}
\bf WACC &=& \bf \frac{有利子負債}{{時価総額+有利子負債}}×(1-実効税率)×負債コスト + \frac{時価総額}{{時価総額+有利子負債}}×株主資本コスト
\end{eqnarray}

 

WACCの計算式の意味は、負債コストと株主資本コストの加重平均であり、投資されている全資本の平均コストを表しています。

ちなみに企業に投資されている資本=バランスシート上の総資産ではありません。

ネットで検索しているとたまに総資産と書いていますが、例えば買掛金といった運転資金は投資されている資本でなはいため、これは厳密には間違いです。

 

ここからはさらに負債コストと株主資本コストについて詳しくご説明いたします。

 

WACCのうち負債に関するコスト

負債に関する関するコストはWACCの計算式に出てくる最初の項です。

 

\[
\bf \frac{有利子負債}{{時価総額+有利子負債}}×(1-実効税率)×負債コスト
\]

 

ここで、負債に関するコストに関しては押さえておくべきは以下の3つです。

 

負債コストのポイント

  1. 有利子負債は簿価を使う
  2. 負債コストの求め方
  3. 負債の節税効果

 

有利子負債は簿価を使う

負債に関しては、コストはシンプルに利子です。

そのため、利子を支払う必要のある負債、つまり有利子負債ベースで考える必要があります。

また実務的には、負債は簿価、つまりバランスシートに載っている額を使うことが多いです。

本当は社債等の時価から計算する方がいいのですが、①時価を求めるのが困難②時価と簿価にそこまで大きな差がない、という2つの理由から簿価で十分でしょう。

 

では有利子負債はどうやって求めるのかというと、バランスシートの負債のうち、以下のような項目の合計となります。

要するに利子を支払うような負債です。

 

流動負債

  • 短期借入金
  • 1年以内に返済予定の長期借入金
  • コマーシャルペーパー
  • 1年以内に償還予定の社債
  • 短期借入債務

固定負債

  • 社債
  • 長期借入金
  • 長期借入債務

 

また逆に買掛金、支払手形、未収収益、未払金といった利子がかからない負債は有利子負債ではありませんので注意してください。

 

負債コストの求め方

負債コストは要するに、有利子負債の利子率です。

財務諸表から計算するならば、計算式は以下のような形です。

 

\[
\bf 負債コスト=\frac{支払利息}{有利子負債}
\]

 

支払利息は損益計算書の営業外収益から、有利子負債は先にご説明したように、バランスシートに有利子負債項目の合計です。

 

また、企業によっては負債の加重利子率は有価証券報告書に書かれています。

TOYOTAの2018年3月期の有価証券報告書ですと120ページ辺りですね。

TOYOTA『2018年3月期 有価証券報告書』

 

ただ、負債コストに関してはそこまで正確に計算する必要も通常はないとは思います。

なぜなら後でも述べますが、株主資本コストの計算における「ぶれ」の方がはるかに大きいからです。

 

負債の節税効果

負債コストの計算式には(1-実効税率)がかけられています。

これは負債には節税効果ががあることが原因です。

どういう事かを簡単にご説明いたします。

 

2つの企業AとBがあった場合を考えます。

どちらも営業利益は10億円です。

また資産も同じく100億円と仮定しましょう。

 

ただし資本構成が違います。

企業Aは無借金企業で、株主資本の100億円のみです。

企業Bは負債を利用しており、株主資本が50億円と、有利子負債が50億円です。

 

企業Aと企業Bの資本構成

 

さて、実効税率を30%とすると、企業Aの税引き後利益は7億円です。

企業Bの利益については負債の支払利息も考えなければならないため、まずは税引き前利益から計算しましょう。

有利子負債の負債利率を2%とすると、支払利息は1億円となるため、税引き前利益は9億円となります。

そのため、税引き後利益は6.3億円となります。

税引き後利益で考えると、0.7億円企業Bのほうが少ないです。

 

これを株主だけではなく、さらに広い投資家目線で考えてみます。

企業Aの投資家は株主しかいないため、投資家が受け取る利益は7億円です。

一方、企業Bに関しては、株主と債権者(有利子負債を貸している人)の2種類の投資家がいます。

株主に関しては税引き後利益の6.3億円を受け取りますが、それに加えて債権者の取り分、つまり有利子負債の利息で払った1億円も加えて合計7.3億円となります。

このように企業Bは企業Aよりも0.3億円、投資家の取り分が増えています。

 

0.3億円増えた理由は、債権者の取り分である支払利息は費用として計上されるため、支払利息×実効税率だけ税金を減らすことができるからです。

逆に言えば、債権者の取り分である負債のコストは節税効果の分だけ低下します。

そのため、負債コストの項については(1-実効税率)がかけられています。

 

WACCのうち株主資本に関するコスト

株主資本コストはWACCの計算式に出てくる2つ目の項に関係しています。

 

\[
\bf \frac{時価総額}{{時価総額+有利子負債}}×株主資本コスト
\]

 

株主資本コストのポイント

  1. 株主資本は時価総額を使うことが多い
  2. 株主資本コストは厳密なものではない

 

株主資本コストとは!計算方法もわかりやすく解説

株主資本コストは、株価モデルやNPV等の計算では当然のことのように出てきます。 また伊藤レポートが話題になったときなんかは、「株主資本コストを超えるROEがなければ株主の価値を破壊している!」といった ...

続きを見る

 

株主資本は時価総額を使うことが多い

WACCの株主資本コストに関する部分は、時価総額を使って計算します。

この理由は株主資本コストの意味を考えればわかるでしょう。

 

株主資本コストは、企業が株主から調達した資本に対してどれくらいのコストがかかるかかということです。

裏を返せば、株主が企業に配当金と値上がり益を含めてどれくらいのリターンを求めているか、という期待でもあるのです。

単純に言えば、株主資本コストが5%の場合、現在1000円の株は1年後には1050円になっていてほしいというイメージです。

そして、現在の株主の投資金額は時価で計算されるため、WACCの計算では時価を使った方が望ましいと思われます。

 

株主資本コストは厳密なものではない

株主資本コストは何%です、と厳密に決まるようなものではありません。

そもそもですが、負債コストは利子として債権者に支払います。

これは財務諸表にも支払利息として表れるため、負債コストは割と厳密に求めることができます。

しかし、株主資本コストは(配当を除いて)投資家に直接払うようなものでもないため、厳密にわからないのです。

 

そのため、実務的にはWACCの計算で使うくらいならば、それっぽい値を使えばいいということを頭の片隅に入れておいてください。

ただなぜその値を使うのかを説明できればいいのです。

 

ではどうやって株主資本コストを求めるかというと、CAPMを使うのが一番楽で、また証券アナリスト試験等で答えを求めるのであればこれが正解でしょう。

ただし、CAPMは批判も多く、問題点もあるので、必ずしも良いとは限りません。

CAPMとは!計算方法やベータとの関係をわかりやすく解説!

今回は株主資本コストやWACCの計算でよく使われているCAPMについて解説しました。 計算式に値を入れて使うだけてもいいと思いますが、ベータやCAPM自体の意味を理解していればより使いやすくなるでしょ ...

続きを見る

 

また実務的にはイボットソン社が40,000円程度で販売しているデータを使うことも多いようです。

ただ財務部等にいて、社内外にきちんと説明する必要のある人以外は特に必要ないのではないかとも思います。

 

WACC(加重平均資本コスト)の計算例:武田薬品

実際に武田薬品を例にWACCを計算してみましょう。

計算に関する簿価等は武田薬品の17年度有価証券報告書から取得しています。

 

負債コストの計算

まずは武田薬品の有利子負債を求めます。

 

17年度の平均有利子負債残高は1,181,032百万円となります。

内訳は以下となっております。(18年度(第141期)有価証券報告書 P.85 ③【連結財政状態計算書】)

(単位:百万円)2017/3/312018/3/31
非流動負債
 社債及び借入金599,862985,644
 その他の金融負債81,77891,223
流動負債
 社債及び借入金545,02818
 その他の金融負債28,89829,613
有利子負債合計1,255,5661,106,498
17年度平均有利子負債1,181,032

 

また、支払利息は10,036百万円です(18年度(第141期)有価証券報告書 P.103 (2)金融費用)。

 

ここから負債コストは0.85%と算出されます。

 

\[\begin{eqnarray}
\bf 負債コスト &=&\frac{10,036}{{1,181,032}}\\
\\
&=&0.85(%)
\end{eqnarray}
\]

 

ちなみに有利子負債残高で17年度の平均値を使用した理由は支払利息の期間と合わせるためです。

支払利息は損益計算書から取得しますが、これは17年度、つまり2017/4/1~2018/3/31に支払った利息の合計です。

一方、バランスシートに載っているのは前々期末(2017/3/31時点)、あるいは前期末(2018/3/31時点)のスナップショットです。

そのため、17年度の平均有利子負債残高はこの2つの時点の平均とみなすし、前々期末と前期末の平均をとるのです。

 

株主資本コストの計算

次に株主資本コストをCAPMで計算したところ、3.52%となりました。

 

\[\begin{eqnarray}
\bf 株主資本コスト &=&リスクフリーレート+ β(市場リターン-リスクフリーレート)\\
\\
&=&0.03+0.716(4.9-0.03)\\
\\
&=&3.52(%)
\end{eqnarray}
\]

 

CAPMの各数値は以下のものを使いました。

10年物国債の利回り:0.03%
Bloombergより7/20時点の値)

ベータ: 0.716
こちらのページの2018年6月29日時点の36か月ベータを使用)

市場収益率(TOPIX):4.9%
『わたしのインデックス』より2018年6月末時点の10年平均リターン)

 

ちなみにCAPMについては以下で詳しく書いています。

CAPMとは!計算方法やベータとの関係をわかりやすく解説!

今回は株主資本コストやWACCの計算でよく使われているCAPMについて解説しました。 計算式に値を入れて使うだけてもいいと思いますが、ベータやCAPM自体の意味を理解していればより使いやすくなるでしょ ...

続きを見る

 

武田薬品のWACCの計算

これまでに求めた値を使用して武田薬品のWACCを計算したところWACは2.82%と計算されました。

  • 有利子負債:1,181,032百万円
  • 時価総額:3,757,306百万円(7/20時点)
  • 負債コスト:0.85%
  • 株主資本コスト:3.52%
  • 実効税率:30%

 

計算式は以下の通りです。

 

\[\begin{eqnarray}
\bf WACC &=&\frac{有利子負債}{{時価総額+有利子負債}}×(1-実効税率)×負債コスト + \frac{時価総額}{{時価総額+有利子負債}}×株主資本コスト\\
\\
&=&\frac{1,181,032}{{3,757,306+1,181,032}}×(1-0.3)×0.85 + \frac{3,757,306}{{3,757,306+1,181,032}}×3.52\\
\\
&=&2.82(%)
\end{eqnarray}
\]

 

武田薬品は時価総額が有利子負債の3倍近くあるため、WACCは株主資本コストと近い数値となりますが、それでも2.82%と低いです。

これはそもそも株主資本コストが低いからです。

ではなぜ株主資本コストが低いのかというと、おそらく武田薬品は成長性というよりは、配当を期待している投資家も多く、株式でありながら半分は債券のような役割も期待されていると思われます。

そのため、株式市場とのベータが低く、結果として株主資本コストが低いのではないかと考えられます。

 

また、今回は負債関係の数値以外は直近の時価総額やベータを使用しましたが、いつ時点のものを使うのか、ということについてはもう少し考える余地があるでしょう。

なぜなら、バランスシートから取得している有利子負債と、時価総額やベータの取得時期にずれがあるからです。

WACCは日々変化していくものですので、あまりに時期がずれてしまうとWACCを正しく見積もれないでしょう。

ただ、3か月くらいなら、資本構成が大幅に変わった、なんてことがない限り気にしなくてもいいと思いますけどね。

みんな読んでる人気記事!

1

証券アナリスト試験をこれから取得しようと考えている方、1次試験は合格し、2次試験に向けて勉強している方に向けて書きました。 私は資格予備校等は使わず、証券アナリストに独学で合格しました。 勉強を始めた ...

2

今の100万円と1年後の100万円って価値は同じでしょうか? 同じという人もいれば違うという人もいるでしょう。   じゃあ質問を変えて、私があなたに100万円あげるとして、今貰うのと1年後に ...

3

  WACC(加重平均資本コスト)とは WACC(Weightted Average Cost of Capital)は日本語で言うと加重平均資本コストのことです。 ただ実際に使うときにはW ...

-投資中級者向け
-, ,

Copyright© 仮想通貨で本気出す , 2018 All Rights Reserved.