仮想通貨や株を中心に、就活等についても書いたブログ

アルトコイン

仮想通貨バイブVIBE/VIBE)とは?基本情報・チャート・カタリストについて詳しく解説

更新日:

公式サイト

VIBEHUBとは

VIBEHubは、VR/ARのマーケットプレイスを提供するテクノロジープラットフォームです。

VIBEはそこで使われる唯一の通貨になるそうです。ややこしいので、仮想通貨の方のVIBEはVIBE通貨と表記します。

ちなみにこのVIBEHubは動画にもあるように一人ひとりに仮想現実上での家が与えられ、それをカスタムできるそうです。

アメーバピグを思い出しますね。

 

VIBE通貨とは何か

VIBE通貨はイーサリアムをベースにしたブロックチェーンで、最大供給量は267,000,000となっています。

このVIBE通貨は、VIBEHub上のコンテンツの購入に使用されます。ちなみにコンテンツとしては、ライブ、ヨガやボクシング等のレッスンが挙げられています。

VIBEHubではVIBE通貨しか使用できないため、VIBE通貨への需要が生まれ、これにより通貨の値段が上がるという仕組みです。

また、仮想通貨としては、Off-Chainを発展させることで、素早く、そして少量の送金も無料でできるようになる予定です。

 

どうやって収益をあげるのか

VIBEHubのプラットフォームを提供することで、①VIBE通貨の使用料と、②アプリケーションの使用料の2つをとる予定です。

 

何がすごいのか

提携先がすごい

具体的な話は書いていませんでしたが以下のような企業と提携しているそうです。

これだけあると、仮想通貨のハードを全て牛耳ることができるのではないでしょうか。

 

 

今後のカタリスト

重要と思う順に挙げていきました。

 

有名人のVIBEHubへの参加

ロードマップによれば、2018年の1Q-2Qにベータ版のプラットフォームでVRのライブをVIBE通貨で提供するそうです。

ホワイトペーパーでは具体例としてリアーナを挙げていました。

こういった超有名アーティストをVIBEHubに参加させることで、一気に広めるつもりだそうです。

そしてすでに何人かのアーティストとは交渉段階であり、好意的な反応がそうですので、今後はこういった有名人のVIBEへの参加発表がVIBEの価値を押し上げる事になるでしょう。

ポイントはどれほどの有名人を引っ張ってこられるかでしょう。

しかし、ホワイトペーパーでリアーナの名前を出してることからも、参加予定の有名人には結構自信があるんじゃないかと個人的には思っています。

 

ハードウェアの提供

これは2018年の4Qに予定されています。

このスピード感はなかなかいいと思います。

さらに、ハードウェアを準備できるという事は、それなりに実物資産の担保もできているとみなせるので、通貨の安定にも寄与するでしょう。

 

アプリのリリースとユーザー向けコンテンツマーケット

これは2018年の3Qに予定されているようです。

また、ユーザー向けのコンテンツのマーケットプレイスのベータ版もリリースする予定で、これはYoutubeのような視聴者も発信できる仕組みがいいと思います。

一方で、どうやって映像をとるのか、専門のデバイスは必要なのか等、疑問もありますね。

 

相場

チャート

2018年1月10日にBinanceへ上場しましたが、一瞬高値を付けた後、暴落、そしてじわじわ上げるというよくあるパターンですね。しかし、今後はニュースによっては暴騰する可能性もあるので、多少ホールドしておいてもいいかと。特に近いうちにVIBEHubへ参加する有名人が発表されるかと思いますので、これに期待したいですね。



 

通貨としての価値

現在では時価総額は3ドル×267,000,000=8憶ドル程度となっています。

一方で、App storeやGoogle Play等のアプリ市場は1000憶ドル規模であり、また2021年には1400憶ドル程度まで拡大するとも言われてています。更に近年はARが人気という事も考えると、時価総額が上がる余地はあると思います。

例えばシェアの5%でも取れた場合、2021年には単純計算で1VIBE=26ドルまで上がると計算されます。

 

参考:2018年のアプリ市場規模、全世界で1000億ドルを超える!App Annie、2018年のアプリ市場予測レポートを発表

 

取引所

Binanceがおすすめですね。

バイナンス公式サイトはこちらから

他はHitBitなんかでも買えるようです。

みんな読んでる人気記事!

1

証券アナリスト試験をこれから取得しようと考えている方、1次試験は合格し、2次試験に向けて勉強している方に向けて書きました。 私は資格予備校等は使わず、証券アナリストに独学で合格しました。 勉強を始めた ...

2

今の100万円と1年後の100万円って価値は同じでしょうか? 同じという人もいれば違うという人もいるでしょう。   じゃあ質問を変えて、私があなたに100万円あげるとして、今貰うのと1年後に ...

3

  WACC(加重平均資本コスト)とは WACC(Weightted Average Cost of Capital)は日本語で言うと加重平均資本コストのことです。 ただ実際に使うときにはW ...

-アルトコイン
-, , ,

Copyright© 仮想通貨で本気出す , 2018 All Rights Reserved.