仮想通貨や株を中心に、就活等についても書いたブログ

仮想通貨中級者以上

ビットコインのバリュエーション!現在の価格は高いのか安いのか

更新日:

ビットコインのバリュエーション

ビットコインは高いのか安いのか

以前の記事でビットコインをメトカーフの法則を使って理論価値を算出したところ、12万円~49万円程度となりました。

 

ビットコインは高いのか安いのか!現在の理論価格は12万円!?

ビットコインの価格は9000ドル=95万円(2018/3/22)となっています。 12月くらいから見ていた人にはまあこんなもんかな、という印象じゃないでしょうか。 しかし、2017年の1月くらいから見 ...

 

しかし、実はこの方法には欠点があります。

何かというと、メトカーフの法則は、あくまでビットコインの現在の理論価値を表しているのであり、将来に対する予測という要素は入っていないのです。

 

もうすこし分かりやすく書きます。

あなたなぜビットコインを買うのでしょうか?

理由は将来価値が高まりそうと思うからですよね。

 

今の価値が100万円でも、将来の価値が200万円になると思っていれば、仮に価格が150万円でも購入するでしょう。

逆に今後価値が50万円になるとすれば、今80万円で売っていても買いませんよね。

このように、価格は市場参加者の将来への予測という要素が入ってくるため、価値と一致するとは限らないのです。

 

ところで、メトカーフの法則による理論価値は現在のアクティブユニークアドレス数から計算されています。

つまり今現在の価値を表しています。

しかし、今後ビットコインの価値が上がると思えば価格は理論価値を上回るでしょうし、逆に下がると思われていれば価格が理論価値を下回るでしょう。

このように、メトカーフの法則だけでは今のビットコインの価格が高いのかどうかよくわからない部分もあります。

ではどうすればよいのでしょうか?

 

メトカーフの理論価格と時価総額の比をとる

1つの方法としては価格と理論価値の比を取る事です。頭文字をとってMMR(Market Metcalfe ratio)と言ったりするらしいです。

\[
MMR = \frac{時価総額}{メトカーフの理論価値}
\]

時価総額を理論価値で割っているので、1倍を基準に考えます。

もし市場参加者が将来も価値が変わらないと思えば、時価総額は理論価値に一致するからです。

しかし、価値が下がると思えば時価総額は理論価値よりも低くなるので、MMRは1倍を下回るはずです。

同じように、価値が上がると思えば1倍よりも大きくなるでしょう。

 

さらに詳しく言うと、MMRが大きければ大きいほど将来に期待されていると言うことです。

MMRが2倍と10倍なら、将来に対する期待は10倍の時のほうが大きいということになります。

 

さて、このMMRをヒストリカルで見てみると、以下のようになります。

MMRとユニークアドレス数

オレンジMMRとなっています。過去をみていただくと、大体1倍くらいが通常時の水準といった感じです。また、2013年の中国バブルの頃は8倍近くまで上がっていた事がわかります。

その後はまた1倍程度でずっと推移していましたが、2017年の5月以降はMMRが急激に上昇していました。

そして、現在は10倍辺りをうろうろしているため、MMRの水準としては過去に比べてかなり高いという事がわかります。

つまり、ビットコインに対する期待はビットコインの歴史的に見ても高いということです。

MMRとユニークアドレス数(2017/1/1以降)

 

さらに、今までのところ、MMRが一度8倍程度と高い水準まで上がっても、その後は1倍程度で落ち着くという傾向があります。

ただ、MMRが1倍になるといっても2パターンあり、分子、つまり時価総額が下がるか、分母、つまりメトカーフの理論価値が上がるかのどちらかです。

直感的な説明をすると、期待がだんだんとなくなっていって結局価値程度まで下がるか、高い期待された価格に価値が追いつくか、という感じです。

 

理論価値が上がるためにはユニークアドレス数が伸びる=利用者が増えなければなりません。

しかし、私はこれ以上ビットコインがの利用者が増えるとはあんまり思っていないので、MMRが1倍になるためには時価総額が下がるしかなくなります。

そうなると、やはり今は期待が高すぎる状態で、徐々に期待がなくなっていくと最終的な価格は12万円程度になるんじゃないかなと。

 

まとめ

 

①メトカーフの理論価値はあくまで現在の価値を表しており、将来に対する予測という観点が抜けている。

②時価総額/メトカーフをMMRとすると、MMRが大きいほどビットコインの将来への期待が高い。

③現在はMMRは10倍程度と過去最高水準であり、MMRが1倍に戻れば理論価格はやっぱり12万円

 

みんな読んでる人気記事!

1

証券アナリスト試験をこれから取得しようと考えている方、1次試験は合格し、2次試験に向けて勉強している方に向けて書きました。 私は資格予備校等は使わず、証券アナリストに独学で合格しました。 勉強を始めた ...

2

今の100万円と1年後の100万円って価値は同じでしょうか? 同じという人もいれば違うという人もいるでしょう。   じゃあ質問を変えて、私があなたに100万円あげるとして、今貰うのと1年後に ...

3

  WACC(加重平均資本コスト)とは WACC(Weightted Average Cost of Capital)は日本語で言うと加重平均資本コストのことです。 ただ実際に使うときにはW ...

-仮想通貨中級者以上
-,

Copyright© 仮想通貨で本気出す , 2018 All Rights Reserved.