仮想通貨や株を中心に、就活等についても書いたブログ

仮想通貨初心者向け

勝っている人は知っている?仮想通貨とテクニカル指標

更新日:

テクニカル指標とは

そもそもテクニカル指標とは、テクニカル分析で使用される指標です。

じゃあテクニカル分析とは何かという話ですが、簡単に言うと過去の価格の値動きだけを見て将来の価格を予測する分析方法です。

ちなみに、価格だけを見るテクニカル分析に対して、投資商品の本質的な価値を調べ投資する方法をファンダメンタルズ分析と言います。

話がそれましたが、テクニカル分析で有名なのはMACD、ボリンジャーバンドあたりですね。

ちなみに私が一番好きなのはエリオット波動です。

凄くシンプルで、図のような感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その他細かいルールはありますが、大まかにこんなもんです。

シンプルでいいでしょう。あと名前がかっこいい!

ちなみに世の中にはテクニカル分析を大真面目に語ってくれる専門家もいます。

この殺伐とした金融市場に笑いと癒しを届けてくれる貴重な存在ですね。

 

テクニカル分析は役に立つのか

ちょっとふざけましたが、実際テクニカル指標は役には立つと思います。

少なくとも知ってて損はないと。

特に仮想通貨を買う場合は。

テクニカル分析が役に立つ理由

テクニカル分析が怪しいオカルトに見えるのも事実です。

しかし、これも価格の決まり方を考えれば答えは出ると思います。

つまり、テクニカル分析の指標は一定数の人は見ているため、結果的にテクニカル分析通りに動くことがあります。

例えば、エリオット波動をみんなが信じていた場合を考えます。

つまり、一度上がったら、その後は下がるというものです。

これをみんなが信じていた場合、価格が上がり始めたら今度は下がるだろうという予測ができますから、今度はみんなが売り始めます。

すると結果的に価格は下がり、まさにエリオット波動が完成するわけです。

 

仮想通貨のファンダメンタルズは難しい

じゃあ逆にファンダメンタルズはどうなのかという事が気になりますが、これってどうやって調べればいいのかよくわからないんですよね。

例えば株なんかだと、企業のキャッシュフローを調べたり、配当を予想したりとまだ予想する事は可能だと思います。

ですが、仮想通貨にはそういったものがないんですよね。

別に価値がないとは言ってないんですが、その価値が測定しにくいんです。

だから例えば今なんかだとネガティブなニュースが続いていますが、これによって今よりも安くなるという事がわかっても、そもそも今の値段がどうなのかはよくわからないんです。

だから地に足がついていない、ふわふわとした感じになっちゃいます。

 

テクニカル分析の使い方

テクニカル分析は機械的にやっていてはだめだと思います。

その時々にあわせて調整する事は大事でしょうね。

 

みんな読んでる人気記事!

1

証券アナリスト試験をこれから取得しようと考えている方、1次試験は合格し、2次試験に向けて勉強している方に向けて書きました。 私は資格予備校等は使わず、証券アナリストに独学で合格しました。 勉強を始めた ...

2

今の100万円と1年後の100万円って価値は同じでしょうか? 同じという人もいれば違うという人もいるでしょう。   じゃあ質問を変えて、私があなたに100万円あげるとして、今貰うのと1年後に ...

3

  WACC(加重平均資本コスト)とは WACC(Weightted Average Cost of Capital)は日本語で言うと加重平均資本コストのことです。 ただ実際に使うときにはW ...

-仮想通貨初心者向け
-, , ,

Copyright© 仮想通貨で本気出す , 2018 All Rights Reserved.