仮想通貨や株を中心に、就活等についても書いたブログ

就活

【新卒就活】面接練習より企業を受けよう!おすすめも紹介!

更新日:

就活で避けては通れないのが面接。

今の就活制度では面接は6月からスタートと言われているけど、これを真に受けると悲惨だ。

じゃあ就活がスタートする3月かというとそうでもない。面接はもっと前からやってるし、積極的に受けるべきなのである。

今回はこの理由と、具体的にどうすれば良いのかを書いていきたい。

 

早めに面接を受けよう

面接は早い時期から受けよう。

例えば今の就活だと3月から就活解禁、6月から面接スタートという"体"になっている。

しかしこれはご存知の通りあくまで経団連に属している企業対象のルールで、しかもそもそもほとんど守られていない。

6月1日に内定を出すのなら、それ以前に面接をするのは当たり前の話だ。というかそもそも6月に内定というのも怪しく、実質4月くらいに決まっている企業もある。

 

じゃあ面接が始まるのは3月からなのかというとそうでもなく、もっと前から面接をしている企業も多々ある。そういった企業を受けて、実際に面接をしてもらうのが一番の練習法だ。

また、面接を早い時期に受けるのは場に慣れる事以外にもメリットがある。それは自分の志望動機等をブラッシュアップできるという事だ。

この2つについてこれから説明したい。

 

面接の雰囲気を知って慣れる

とにかく面接の雰囲気に慣れろというのは就活のアドバイスでよく聞く事だろう。

面接というのはとにかく緊張するのだ。特に最初の面接は。

僕みたいにコミュ力が低い人は最初の面接でボコボコにされると思う。そうでなくても最初は緊張するものだろう。

しかし不思議なもんで、面接を何回か受けると僕みたいな人間でもそこまで緊張しなくなったりするものだ。人間は本当良くできている。

 

また面接は準備が必要だという事は以前書いた。

面接の準備をしよう!絶対に必要な理由と失敗談【ダメ院生の就活】

  今回から僕が就活を通して思った事を、主に意識低いけど就活を成功させたい人に向けて書いていく。 僕は意識低い系のダメ院生だったので、「アフリカでバックパックして最後はマサイ族とダンスしまし ...

しかし準備をするにしても、実際に面接を経験してみないと、何をどう準備すればいいのかわからない。

そういう意味でも早めに面接を受けることは有効だ。

 

志望動機等がブラッシュアップできる

早い時期に面接を受けるもう1つのメリットはこれ。面接を受けていると志望動機や頑張った事等をブラッシュアップできるのだ。

どういう事かというと、面接では自分のESの内容が質問され、深堀りされる。

それについて答えたり、逆に面接官の意見を聞いたりする事ができる。またその場で答えが出なくても家に帰って考え直してみたりすることもいい。

こういった事を繰り返していると、より深いレベルで志望動機等を考えられる。

なので、本命の企業を受ける頃には最初に提出したESよりも数段考えられたものを書く事ができる。

 

さらに面接での深堀り質問もある程度パターンがあるので、こちらも何回も受けていればかなり考えられた、説得力のある答えを返すことができるだろう。

実際、就活後半の面接になって、「あ、これ前に面接で聞かれたやつだ。」なんて質問もあった。それこそ進研ゼミの「あ!これゼミでやったやつだ!」的な感じで。笑

 

どういった企業の面接を受ければ良いのか

日系のフツーの企業が本命だとすると、それまでに面接を受けるなら2パターンある。

インターン面接か、他業種の面接だ。

うちインターンは間違いなく行ったほうがいいので、こちらは受けるとする。

 

ではもう1つ、他業種についてだけど、おすすめはいわゆるベンチャー企業だ。

ベンチャー企業は割と丁寧に面接をしてくれた記憶がある。どういう事かと言うと単にESの事を聞くだけでなく、これまでの体験から就活生自身の価値観をはかるような質問も多く、気づかされる事が多かった。

実際僕の志望動機も最初の方と最後の方ではなかり変わっていたと思う。それは単なるESだけの話じゃなくて、実際に志望する企業も変わっていた。

このようにとても為になったので感謝はしている。

 

ベンチャー企業の面接の時期としては学部3年、もしくはM1の1月~6月までが多かったように思う。

これは日系企業の面接時期からも十分に早いので、大した負担にはならないと思う。

 

ちなみに他にも外資系金融やコンサルなんかも早い時期に面接をしている。しかしこちらはおそらく学歴が高くないと書類落ちしたり、また面接が特殊だったりするので、今回はあまりお勧めできない。

 

まとめ

①就活の面接は3月からしか受けられないわけではなく、もっと前からやっている。

②早い時期に面接を受けるメリットは1.面接の場に慣れる事と、2.志望動機等をブラッシュアップ出来ること。

③早い時期に面接を受けるなら、おすすめはベンチャー企業。

 

 

みんな読んでる人気記事!

1

証券アナリスト試験をこれから取得しようと考えている方、1次試験は合格し、2次試験に向けて勉強している方に向けて書きました。 私は資格予備校等は使わず、証券アナリストに独学で合格しました。 勉強を始めた ...

2

今の100万円と1年後の100万円って価値は同じでしょうか? 同じという人もいれば違うという人もいるでしょう。   じゃあ質問を変えて、私があなたに100万円あげるとして、今貰うのと1年後に ...

3

  WACC(加重平均資本コスト)とは WACC(Weightted Average Cost of Capital)は日本語で言うと加重平均資本コストのことです。 ただ実際に使うときにはW ...

-就活
-, ,

Copyright© 仮想通貨で本気出す , 2018 All Rights Reserved.