仮想通貨や株を中心に、就活等についても書いたブログ

就活

ダメ院生必見!研究室を選ぶ時に重要なたった2つの事

更新日:

 

前回はダメ院生向けに学歴ロンダを勧める記事を書いた。

理系が学歴ロンダリングをすべき3つの理由!就職には有利!?

出身大学よりも偏差値の高い大学に行く、いわゆる学歴ロンダリング。 学歴ロンダリングする人のほとんどは就職を見越しての事だろう。 にもかかわらず、ネット上にもあんまり情報がなかったりする。 だからちょっ ...

 

今回は研究室の選び方を紹介しようと思う。ただし、ダメ院生向けにだ。

ちなみに僕は就活という観点では運よく結構いい研究室に行けたと思う。就活は割と自由にしてよかったし、3月~6月はほとんど研究室に行かなくても何も言われなかった。

ただ、研究の拘束時間は長くて、就活以外の時間はお盆と年末年始を除いて平均13時間くらい実験していたけどね。笑

それはともかく、研究室選びでハズレを引くと目も当てられないので、これから選ぶ人はきちんと選んでほしい。

 

研究室の選ぶ時に最も重要な2つの条件

こんなブログを見ているんだからあなたは多分ダメ学部生で、院で一発逆転なんて考えているような人だろう。

そんな人向けに研究室の選び方を書いた。

意識高く研究をばりばりしたい人向けではないのであしからず。

ま、そんな人は心配しなくてもこんなブログ見ていないだろうけどね。笑

 

就活の時間はとれるか

就活のためのロンダならこれが一番だろう。

当たり前の話だけど、就活には時間が必要だ

特に自由応募で就職を決めたければ時間がなければ話にならない。ESを書くにも、セミナーに行くのも面接に行くのもとにかく時間が必要だ。

特にESはこちらの空き時間でできるからいいけど、セミナー、面接は相手の時間に合わせなければならない。

しかし、就活のための時間がとれるかどうかは研究室によって大きく変わる。研究室によっては就活を3月~6月しか出来ないところもある。

大規模な実験に関する研究をしていた僕の友達はもっとひどくて、年1回の実験がもろに就活の時期に被ったため、大事な5月、6月に全く就活が出来なかった。

大学院は就職のためにあるのではないとはいえ、こういうくそ研究室は避けないといけない。

なので研究室訪問は絶対にしよう。

 

また、教授に「就活できますか?」って聞きづらい人もいるだろう。というか院試なんて不透明だから下手したらやる気ないと思われて落とされる可能性すらあるんじゃないかと思う。

なので、先輩が就活の時期に研究室にいるかを見てみよう。

おすすめの時期は3月、4月。5月くらいになると受ける企業も絞られてくるため、逆に案外暇だったりする。

なのでこれくらいの時期に研究室訪問をして、先輩がバリバリ研究してたらかなり怪しい。

 

教授は優しいか

これはダメ院生にとってはかなり大事だ。とにかく優しい教授の研究室に行こう。

とりあえず教授に会ってみるといい。こういう事はやっぱり会わないとわからないだろう。

 

また、間接的な見分け方としては、その研究室の先輩を見るという方法がある。

優しい教授の下には僕のような何となくダメそうなやつが集まりがちだ。

ちなみに僕が4年生の時に所属していた研究室も見事にダメ人間ばっかりで、むしろダメな僕が一番まともで出来る、くらいの勢いだったのだ。もちろん教授はものすごく優しかった。

だから研究室訪問したついでに、先輩に研究の事を聞いてみたりするのもいいだろう。きっとふわふわしててよくよく聞くと分かってないことがわかるといいサインだ。

 

また、他人に興味ない型の教授も就活をするのにはもってこいだ。ただしこちらは研究をきちんとしていないと卒業できなくなる恐れがあるので、ダメ院生にはあまりお勧めできない。

 

その他細々とした注意点

主に上記の2つが大事な事だけど、他にも細々とした事は確認したほうがいい。

ただ、これは人によっては重要、程度の話だ。

また、思いついたベースで書いているので、まとまっていなくて申し訳ない。

 

推薦はあるか

推薦があると気持ちがかなり楽になり、就活も効率的に行える。なんでかというと、滑り止めの企業を受ける必要がないからだ。

僕の研究室は推薦がなかったので、就活を始めたころは無駄に滑り止めの企業を受けたりして時間をとってしまったのだ。これは意外と時間をくったし、最初の内定がもらえるまではたまーに不安になったりもした。

それが、推薦があれば最悪そこに行けるという安心感が得られ、余裕も生まれるだろう。

 

ただこれは諸刃の剣だ。なんでかと言うと、推薦があるという事はそれなりに頑張っている研究室である可能性が高いのだ。

そんな研究室に僕らダメ院生がついていけるのかはわからない。

 

中間発表はいつあるか

中間発表がちょうど就活の時期にかぶっているような学部もあるようだ。

ちょっとは頭使えよって思うね。

 

立地

地方の就活生は不利だ。だからできるだけ都内の大学に進学しよう。

地方はとにかく就活がやりにくい。

特に僕みたいに都内→地方はする理由が全くない。

 

どうしても地方となる場合は地方の就活生向けに節約する方法を書いたので参考にしてほしい。

元地方大学生がおすすめする就活費用を節約する方法6選!

地方の就活生は不利だ。なぜなら就活の肝心な部分は東京で行われることが多いため、東京に行く事はほぼ必須だから。 そして東京に行くとなると移動で時間がかかるし、何より交通費や宿泊費等のお金が必要となる。 ...

 

まとめ

 

研究室を決める時に重要な事

①就活の時間がとれる事

②教授が優しい事

みんな読んでる人気記事!

1

証券アナリスト試験をこれから取得しようと考えている方、1次試験は合格し、2次試験に向けて勉強している方に向けて書きました。 私は資格予備校等は使わず、証券アナリストに独学で合格しました。 勉強を始めた ...

2

今の100万円と1年後の100万円って価値は同じでしょうか? 同じという人もいれば違うという人もいるでしょう。   じゃあ質問を変えて、私があなたに100万円あげるとして、今貰うのと1年後に ...

3

  WACC(加重平均資本コスト)とは WACC(Weightted Average Cost of Capital)は日本語で言うと加重平均資本コストのことです。 ただ実際に使うときにはW ...

-就活
-, ,

Copyright© 仮想通貨で本気出す , 2018 All Rights Reserved.