仮想通貨や株を中心に、就活等についても書いたブログ

仮想通貨初心者向け

3分でわかる!なぜ仮想通貨の価格は値上がり/値下がりするのか

更新日:

仮想通貨の価格変動の理由

すごく基本的な事ですが、今回は仮想通貨の価格について書いてみます。

なぜ仮想通貨は値段が上がったり下がったりするのでしょうか?

分裂するから?大企業と提携するから?

もっとシンプルに考えて下さい。

仮想通貨が値上がりするのは買われているから。

逆に値下がりするのは売られているからです。

これは仮想通貨だけに限った話じゃないんですけどね。

ものすごく極端な事を言うと、誰も売らなければ値段は下がらないんです。

リップルとかネムの底が固いのも、この辺が理由なんじゃないかと思っています。

この売られるから、買われるからという観点は聞いたらものすごく当たり前の話ですけど、投資を始めたばっかりの人だと意外と抜けているんじゃないでしょうか。

じゃあ今度は何で買われる/売られるのかを考えてみましょう。

 

将来への期待

これまた当たり前体操ですが、買われる理由は将来的に価値が上がるという期待からでしょうね。

だってその通貨が下がると思いながら買う人なんてまあいないでしょう。

じゃあ売られる理由はというと、これまた逆で、将来的に価値が下がると思うからです。

前にツイッターで、「なぜ仮想通貨が別の取引所へ上場するというニュースが流れたら仮想通貨の値段は上がるのに、実際に上場されたら下がるのかがわからない」と書いているのを見ました。

これも理由は価格が期待で動いているからなんですね。

 

Buy the rumor, Sell the fact(噂で買って事実で売れ)

「Buy the rumor, Sell the fact(噂で買って事実で売れ)」というのは株の取引で使われる有名な格言です。

先ほど紹介した取引所上場のニュースで上がって、実際に上場したら下がる事を、ある仮想通貨Aが別の取引所に上場するというニュースが流れた場合で考えます。

仮想通貨Aが複数の取引所に上場されていると、その分投資家は仮想通貨Aを買いやすくなります。

流動性が上がるって事ですね。(流動性についてはこちら

流動性が上がると基本的に物の値段は上がります。

こういう図式で、取引所に上場されたらその仮想通貨の値段は多分上がるだろう、なら今から買っておこうという事で、ニュースが出ただけで値段が上がります。

じゃあなぜ実際に上場したら売られるのか。

これは投資家の期待を上回らないからでしょう。

例えば現在の取引量が10単位、価格が10円だとして、上場されたら取引量が100単位になり、価格も100円になると、ニュースが出た段階で投資家は考えていたとします。

しかし、実際に上場されてみたら取引量が50単位だったとします。すると価格も50円程度が適正だな、という風に考えて投資家はじゃあ100円の今のうちに売ろうという動きになるわけです。

そこでみんなが売り始めると暴落しちゃうんですね。

そして、仮想通貨の投資はアマチュアが多いので、ちょっとした材料に過剰反応しやすいんじゃないかと思っています。

つまり、ニュースが出た段階で、みんなが過剰に期待しすぎてもともとの価値より高く見積もってしまい、実際に上場するとその現実が見えて売られる。そして売りが売りを呼んで暴落、みたいなイメージです。

こういった事を頭の片隅にでも入れておけば、冷静に考えられるかもしれません。

 

 

 

みんな読んでる人気記事!

1

証券アナリスト試験をこれから取得しようと考えている方、1次試験は合格し、2次試験に向けて勉強している方に向けて書きました。 私は資格予備校等は使わず、証券アナリストに独学で合格しました。 勉強を始めた ...

2

今の100万円と1年後の100万円って価値は同じでしょうか? 同じという人もいれば違うという人もいるでしょう。   じゃあ質問を変えて、私があなたに100万円あげるとして、今貰うのと1年後に ...

3

  WACC(加重平均資本コスト)とは WACC(Weightted Average Cost of Capital)は日本語で言うと加重平均資本コストのことです。 ただ実際に使うときにはW ...

-仮想通貨初心者向け
-, ,

Copyright© 仮想通貨で本気出す , 2018 All Rights Reserved.