仮想通貨や株を中心に、就活等についても書いたブログ

投資初心者向け

サルでもわかる!株式とは?そもそも株って何なんでしょうね

投稿日:

株式とは

株式は要するに株の事です。

簡単に言うと企業のオーナーになれる権利です。

 

株は企業がお金を集めたいときに作られます。

ちなみに株が作られることを「発行される」と言います。

そして発行された株をお金を持っている人が買います。

この株を買った人は「投資家」と呼ばれます。

このように、投資家が企業から株を買う事で、投資家はオーナーになる事ができ(株を受け取り)、企業はお金を集めることができます。

 

またちょっとややこしいですが、オーナーになれる権利(=株)は普通分割されています。

お金を集める側からすると、例えば10億円集めたいときに、1人から10億円出してもらうのと、100人から1000万円出してもらうのを比べるた場合、100人で1000万円の方が多分集めやすいですよね。

投資家からしても10億円を1つの企業に賭けるのはリスクが高いけど、1000万くらいなら出しても良いって人が多いでしょう。

こういった2つの理由で、株は分割されて売られています。

実際には何万にも分割されているため、普通は多少株を持っていても自分がオーナーという意識はないでしょう。

しかし全部の株のうち、3分の2を買い占める事ができれば、企業を思い通りにする事ができます。

株を簡単な例で例えてみる

いまいち具体的ではないので、わかりやすい例で例えてみましょう。

BNFとかcisって名前のトレーダーをご存知ですか?

この人たちは株の売買でめちゃくちゃ儲けているんです。

こういった人の事を知ったとき、「100万円くらいお金を貸すから、そのお金でトレードしてほしいな。減ったらしょうがないし、100万円から増えた分は折半でいいから。」なんて思った事がある人は多いんじゃないでしょうか?

まさにこういった考え方が株です。

ここでトレーダーは企業あなたは投資家を表しています。

そして利益を分配するという契約書が株ですね。

こんなイメージです。

 

要するに投資家はお金を出して、そのお金を企業に運用してもらうわけです。

そして増えた分は分け前としてちょうだいね、というのが株の仕組みです。

投資家は使い道のないお金を運用してもらえる、企業は事業をするのに必要なお金をまかなえるという事でWIN-WINの関係ですね。

ちなみに投資家がお金を出すことを出資すると言います。

 

発行市場と流通市場

今までの話を総合すると、企業がお金を集めるために株を発行し、投資家は企業から株を買うという話でした。

でも普段株を買う場合、企業から買っている人はいないでしょう。

証券会社を通じて、市場から買っています。

これはいったいどういう事でしょうか?

その答えが発行市場と流通市場です。

発行市場

発行市場は先ほどご説明した通り、企業がお金を集めるために株を発行し、それを投資家が買う事です。

 

IPOや公募増資といった言葉を聞いた事がある方もいるかもしれませんが、これらは発行市場に含まれます。

この場合、株を買うためのお金は直接企業のものになります。

 

 

流通市場

これは、すでに発行されている株を投資家同士でやり取りする事です。

こんなイメージです。

実際は投資家同士でやり取りする事は少なくて、市場を通してやり取りされます。

この場合、企業にお金が渡ることはなく、あくまで投資家同士でお金をやり取りしています。

 

お金を出資する事と貸す事の違い

ここでまた疑問があると思います。

お金を貸す事(融資)と出資する事の違いは何でしょうか?

 

お金を貸すという事は基本的に必ず返してもらうという事がセットになります。

返してもらえなければ裁判でもして財産を差し押さえてもらえば返ってくる可能性もあります。

 

ところが出資した場合は、出資したお金は帰ってくるとは限りません。

出資された側は、出資されたお金を返す必要はないのです。

 

つまり、出資するほうがリスクは高く融資のほうがリスクが低いのです。

そのため、リスクの低い融資の見返りは年何パーセントと利子として決まっており、リターンはそこまで高くはないです。

それに対しリスクの高い出資は企業が儲けたら儲けただけ出資者に返してね、でも損したら諦めてねという感じでリターンが高いです。

融資は固定給で出資は成果報酬のようなイメージですね。

 

株式のまとめ

以上をまとめます。


①株は企業のオーナーになれる権利で、企業はお金を必要な時に株を「発行」し、投資家がそれを買う

②発行市場と流通市場があり、発行市場は企業と投資家、流通市場は投資家同士のやり取り

③融資よりも出資のほうがリスクが大きい分、リターンも大きい


 

みんな読んでる人気記事!

1

証券アナリスト試験をこれから取得しようと考えている方、1次試験は合格し、2次試験に向けて勉強している方に向けて書きました。 私は資格予備校等は使わず、証券アナリストに独学で合格しました。 勉強を始めた ...

2

今の100万円と1年後の100万円って価値は同じでしょうか? 同じという人もいれば違うという人もいるでしょう。   じゃあ質問を変えて、私があなたに100万円あげるとして、今貰うのと1年後に ...

3

  WACC(加重平均資本コスト)とは WACC(Weightted Average Cost of Capital)は日本語で言うと加重平均資本コストのことです。 ただ実際に使うときにはW ...

-投資初心者向け

Copyright© 仮想通貨で本気出す , 2018 All Rights Reserved.