仮想通貨や株を中心に、就活等についても書いたブログ

就活

【新卒就活】留年の影響を振り返る!2年遅れで就活をした結果…

更新日:

留年てやばいっすか?
気にしたら負け。ちなみに僕は1浪1留じゃ。

 

留年と就活への影響

今回は留年について。僕は留年している。理由は勉強してなかったからっていう、特に面白くもない理由だ。

さらに浪人もしたので、合計2年遅れという事になる。

いろんなところで留年について調べると、『2年遅れはギリセーフ説、2年は厳しい説、銀行だけアウト説』等いろいろと出てくる。

僕もそういうのいろいろと見たので、就活前は結構ナイーブになったりしたものだ。

しかし、結果的にはいくつか内定ももらい、就活を終える事が出来た。

ここで伝えたいのは留年した事はもう変えられないし、そこでマイナスになる事もあるかもしれない。でも必要以上に恐れる必要はないって事。

「気にするほどじゃないけど、志望業界にもよる」っていう答えになってるのかなってないのかわからない感じ。笑

 

さて、これから留年のがどの程度就活に影響していそうかを具体的に書いていく。

ただ、これはあくまで受けた側の感触であって本当のところはわからいという事は理解してほしい。

まず僕が主に受けてた業界は以下の通り

・金融

・IT

・コンサル

・ベンチャー

・日系メーカー

・外資メーカー

 

下に行くほどあんまり受けていない業界になってる。

この中だと銀行以外はそんなに問題とはなってなかったと思う。

 

外資金融、コンサル

そもそも聞かれた記憶がない。ただし僕は2次でほとんど落ちたのでその後はしらね。

でも1次は通ってるわけだからチャンスはあるだろう。

 

日系金融専門職(銀行除く)

ちょくちょく突っ込まれたけどまあそれっぽい理由つけて話してた。

1次は大体通ってるし、1社からは内定ももらっているからまあ大丈夫だろう。

 

IT

ITといっても広いけど、一通りは受けた。

ちょくちょく聞かれたけど、そんなに突っ込まれた記憶もない。

内定1社、最終2社なので、たぶん問題ないだろう。

 

ベンチャー

結構深く突っ込まれた。というかベンチャーは価値観とかを大切にしてる感じだったので留年してマイナスというより、その時どういう意思決定をしたのかみたいなのが大事なのかな。

少なくとも留年だからダメとかそういう感じではなかったと思う。

何社か最終まで行ったからまあ大丈夫だろう。

 

メーカー

ほとんど受けてないからよくわからんけど書類で落ちるようなことはなかった。

ただ面接は受けてないからその後はわからない。

外資メーカーは書類落ちしたけど、あれは普通にESの出来が悪かったんだろうと思う。

 

銀行

これについてはちょっとよくわからない。

僕はメガバンの1つだけを受けたんだけど、エントリーした時点だとちょくちょく大学別セミナーみたいなのに呼ばれたしていた。

しかしいざESを出してみると全く音沙汰がなくそのままさよなら。

 

ESの中身が落ちるほど悪かったとは到底考えられないので、他に落ちた理由を考えると思い当たる節が2つ。

1つは留年。もう1つはスタンプラリー(?)に参加しなかった事

スタンプラリーについては僕はほとんどぼっちで就活していたのでよくわからないけど、どうやら割と大きな説明会的なのに行かないとリクルーターがつなかいとかなんとか。

 

結局原因はわからないけど、日系企業でES落ちしたのは銀行くらいだった。

 

まとめ

①受けた業界は金融、IT、コンサル、ベンチャー、日系メーカー、外資メーカー。

②書類落ちは銀行と外資メーカーのみ、ただし外資メーカーはESが悪かった可能性が高い。

③以上の事から留年してもまあ大丈夫。

 

みんな読んでる人気記事!

1

証券アナリスト試験をこれから取得しようと考えている方、1次試験は合格し、2次試験に向けて勉強している方に向けて書きました。 私は資格予備校等は使わず、証券アナリストに独学で合格しました。 勉強を始めた ...

2

今の100万円と1年後の100万円って価値は同じでしょうか? 同じという人もいれば違うという人もいるでしょう。   じゃあ質問を変えて、私があなたに100万円あげるとして、今貰うのと1年後に ...

3

  WACC(加重平均資本コスト)とは WACC(Weightted Average Cost of Capital)は日本語で言うと加重平均資本コストのことです。 ただ実際に使うときにはW ...

-就活
-, ,

Copyright© 仮想通貨で本気出す , 2018 All Rights Reserved.