仮想通貨や株を中心に、就活等についても書いたブログ

就活

元地方大学生がおすすめする就活費用を節約する方法6選!

更新日:

地方の就活生は不利だ。なぜなら就活の肝心な部分は東京で行われることが多いため、東京に行く事はほぼ必須だから。

そして東京に行くとなると移動で時間がかかるし、何より交通費や宿泊費等のお金が必要となる。

新幹線を使った場合、仮に関西にいたとしても東京に行くためには往復5時間の時間と、3万円近い交通費が必要だ。

 

そこで今回は交通費等の就活にかかる費用を節約する方法を書いていきたいと思う。

ちなみに私は約半年の就活で15回ほど東京に行ったけど、就活で使ったお金は合計5万円ほどだったと記憶している。

仮に新幹線で行っていた場合は交通費だけでも45万円程使うことになっていただろうから、40万円節約できた事になる。

 

地方就活生が交通費等の費用を節約する方法

そもそも費用を節約するという事はどういう事か。これは、収入ーコストを最大にする事と言えるだろう。

じゃあどうすればいいかと言うと、収入を増やすかコストを減らすしかない。

ただ、収入を増やす方法、コストを減らす方法をあわせて6つお伝えしたい。

ちなみにここでの収入は就活に関する事で、バイトに関する事、好きなことで生きていく系の事やら怪しい情報商材ではないのであしからず。笑

 

また費用としては主に交通費、宿泊費、食費なんかが挙げられる。

 

収入を増やす

交通費が貰える企業を受ける

交通費は企業によって出るところ、出ないところ、途中から出るところと様々だ。

しかし外資系金融は違った。数社受けたが確か全て1次面接から交通費を支給された。

また、少し話がそれるけど、外資系金融は面接時期も早いので練習にもなる。1ミリでも興味があればエントリーする事をおすすめする。

【新卒就活】面接練習より企業を受けよう!おすすめも紹介!

就活で避けては通れないのが面接。 今の就活制度では面接は6月からスタートと言われているけど、これを真に受けると悲惨だ。 じゃあ就活がスタートする3月かというとそうでもない。面接はもっと前からやってるし ...

 

さらに就活サイトを見ていると交通費支給と銘打って面接や説明会に人を集めている企業も多い。

こういったイベントは割とターゲットを絞って告知されているので、そういったコンセプトの就活サイトには登録しておこう。

 

ちなみに僕は当時外資就活ドットコムワンキャリアレクミーなんかを使っていた。

今流行っているのが何かはわからないけど、参考までに。

 

インターンに行く

インターンは交通費が支給される事が多い。

もちろん申し込めば誰でも行けるようなやつではなく、多少は選考されるようなものね。

 

また、給料がもらえるインターンもある。

特にエンジニア系のインターンは給料がもらえる傾向が高いようだ。

僕が就活してた頃はワークスアプリケーションズが20日のインターンで最低16万円の給料と、うまくいけば内定がもらえると有名だった。

ただ、今年は調べてみたら内定が貰える可能性がある事は確認できたけど、給料については確認できなかった。

 

サポーターズ

サポーターズというサービスがある。

簡単に説明すると説明会に行くだけでお金がもらえるというものだ。

また、自分のプロフィールも登録するため、企業からスカウトが来る事もある。

これだけ聞くとなんか怪しいが、僕も当時はよく使ったしお金もきちんと貰えたから怪しくはない。

ちなみに昔は10,000円貰えることも割とあった。今はほとんどが3,000円と少し減っているが、それでも交通費等の足しくらいにはなるだろう。

 

ニクリーチ

ニクリーチというサービスもある。

これも自分のプロフィールを登録すると企業からスカウトが来るというものだ。

ただ変わっているのは、スカウトをくれた企業の人と面談をする際には、ご飯をおごってもらえるというシステムだろう。

結局ぼくは登録だけして面倒になって使ってはいないんだけど、テキトーなプロフィールでもスカウトは来ていた。

 

コストを減らす

夜行バスに乗る

夜行バスのメリットは2つある。交通費の節約宿泊費の節約だ。

 

まずは交通費について。

知ってると思うけど、夜行バスは安い。とにかく安い。

新幹線で1万円するところが夜行バスだと2000円で行けたりもする。

また、日にちによっても値段はかなり違い、日曜~木曜出発の夜行バスは特に安い。

ただ就活は主に平日に行われているので、この辺はあんまり何も考えないでいいだろう。

 

また、宿泊費の節約にもなる。

例えば火曜日の朝から面接があったとする。

新幹線や飛行機で行くとなると、月曜日に面接地へ行かなければ時間的に間に合わないだろう。

すると宿泊する事も必要で、宿泊費がかかってしまう。

しかし、月曜初の夜行バスなら、月曜日夜→火曜日朝はバスの中で睡眠ができるため、宿泊費を節約できるのである。

 

ネカフェやカプセルホテルを利用する

交通費の次にお金がかかるのが宿泊費だろう。

夜行バスを使う事でも節約できるけど、他の方法もある。

例えばカプセルホテルとかネカフェだ。

特に僕はネカフェをよく使っていた。東京には鍵がかかる個室のネカフェも存在するので使いやすかった。

 

まとめ

①地方の就活生はとにかくお金がかかるため、収入を増やすかコストを減らす必要がある。

②収入を増やすためには一次面接から交通費をもらえる企業を受ける、インターンに行く、サポーターズを使う。

③コストを減らすためには、夜行バスに乗る、ネカフェやカプセルホテルに泊まる。

みんな読んでる人気記事!

1

証券アナリスト試験をこれから取得しようと考えている方、1次試験は合格し、2次試験に向けて勉強している方に向けて書きました。 私は資格予備校等は使わず、証券アナリストに独学で合格しました。 勉強を始めた ...

2

今の100万円と1年後の100万円って価値は同じでしょうか? 同じという人もいれば違うという人もいるでしょう。   じゃあ質問を変えて、私があなたに100万円あげるとして、今貰うのと1年後に ...

3

  WACC(加重平均資本コスト)とは WACC(Weightted Average Cost of Capital)は日本語で言うと加重平均資本コストのことです。 ただ実際に使うときにはW ...

-就活
-, , ,

Copyright© 仮想通貨で本気出す , 2018 All Rights Reserved.