仮想通貨や株を中心に、就活等についても書いたブログ

就活

理系院生必見!大学院進学のメリット・デメリットを就活の観点から解説

投稿日:

大学院に進学して修士号を取るべきかどうか。理系大学生なら考える事だと思う。

ちなみにぼくは学部の同期がなんとなく大学院に行く風潮があり、またなんとなく研究・開発職につきたかったためなんとなく大学院に進学した。

結果的に進学してまあ良かったかなと思うけど、その反面、もうちょっとうまいやり方があったんじゃないかとも思う。

今更後悔しても仕方がないんだけど、これから進学を目指す人はしっかり考えてほしいと思ったので書いてみた。

ちなみにこの記事は理系大学生向けであり、また基本的に修士で卒業し、民間企業に就職するという前提で書いた。文系や研究者志望で博士課程に行きたい方の参考にはならない。

 

大学院進学のメリット

まずは大学院に進学することで得られるメリットから。

基本的に大手企業に技術職で就職するなら大きなメリットとなるものばかりだ。

研究・開発職で就職するのに必要

研究職や開発職といった技術職で就職するためには最低でも修士の学歴が必要な事が多い。

もちろんそうでない会社もあるけど、基本的には修士卒じゃないと厳しい。

そのため、研究・開発職で就職するためには院進学は必須だろう。

 

学歴を変えるチャンスがある

大学院に行くことで学歴を変えられる場合がある。

どういう事かというと、例えばあなたがMARCHに通っていた場合でも、東大の大学院に進学すれば最終学歴は東大になる。

これは就職において非常に有利になる可能性がある。

詳しい事は別の記事に書いたので参考にしてほしい。

理系が学歴ロンダリングをすべき3つの理由!就職には有利!?

出身大学よりも偏差値の高い大学に行く、いわゆる学歴ロンダリング。 学歴ロンダリングする人のほとんどは就職を見越しての事だろう。 にもかかわらず、ネット上にもあんまり情報がなかったりする。 だからちょっ ...

 

就職において推薦が得られやすくなる

これは2つの観点から言える。

1つは単純に推薦の中でも修士卒向けのものがあったりする。また、そうでなくても基本的に博士・修士から推薦を選んでいく事が多い。

つまり大学院生は学部生に比べて推薦を得られやすい。

 

また、もう1つは大学院進学のタイミングで学部を変える事もでき、これが推薦につながる可能性があるという事。

例えばあなたが理学部や工学部のバイオ系にいた場合、学部や学科の推薦は非常に弱い事が多い。

しかし、大学院進学のタイミングで工学部などの推薦が豊富な研究室に進学すれば推薦を得られる可能性が高くなる。

もちろん学部を変えることは院試の試験科目的に簡単なことではないけど、探せばなくもない。

 

モラトリアムが延長される

いくら厳しい教授でも死にそうな声で「体調悪いっす」って電話すれば休めるし、ゼミなんか炎上しても耐えれば終わり。

よっぽどの事がない限り卒業はできる。

その間だらだらしたり、将来について考えたりできる期間が長くなるわけだ。

ただぼくみたいに7年も大学にいるとさすがに飽きてきて、最後のほうは早く働きたいという気持ちしかなかったけどね。笑

 

大学院進学のデメリット

次に大学院進学のデメリットを挙げていく。

生涯賃金が減る可能性がある

一生で稼ぐ賃金の合計額、つまり生涯賃金が減る可能性がある。

これは学部卒と大学院卒で同じ会社に入った場合の話だけどね。

どういう事かというと、単純に修士にいる間の2年分の給料を損する。

 

ちなみに大学院卒の給料は学部卒よりは若干高いけど、それは学部卒と昇進のスピードを合わせているだけの場合が多い。

つまり、同じ会社の場合、学部卒3年目の社員と、院卒1年目の社員の給料はだいたい同じだし、むしろボーナスがない分院卒の給料の方が低い。

 

また、そもそもの話だけど、大学院進学にはお金がかかる。つまりその分はむしろマイナスになっている。

親に頼れるならいいけど、自分で学費を払うとなると結構きついと思う。

 

キャリアが遅れる

修士卒で就職すると普通の人よりも2年間キャリアが遅れる。研究と全く同じ分野の職業につかない限りは特に。

確かに学会発表すればプレゼン能力はつくかもしれないし、論文を投稿すれば文章力がつくかもしれない。

また、研究すれば論理的思考や知識もつくだろう。

でもそれは企業でやっても同じ事。むしろ大学院は給料も貰えないわけなので、わざわざ大学院で勉強する必要がない。

普通に実践で鍛えた方が効率がいいのだ。

 

就活にも時間をとりにくい

実験系の研究室だとなかなか就活に時間を取れない所も多い。

ぼくは時間は結構取れた方だと思うけど、友達の研究室は就活は3月~6月しかできなかったりする。

もっとひどい所だと就活の時期に研究があって、5月からできなかった人もいた。

こんな感じで大事な選択の時にもかかわらず時間をさけない恐れがある。

こういった不幸な状況にならないためにも、研究室の事前リサーチは必須だ。

ダメ院生必見!研究室を選ぶ時に重要なたった2つの事

  前回はダメ院生向けに学歴ロンダを勧める記事を書いた。   今回は研究室の選び方を紹介しようと思う。ただし、ダメ院生向けにだ。 ちなみに僕は就活という観点では運よく結構いい研究室 ...

 

狭い人間関係

大学院にただ行っているだけでは関わる人がめちゃくちゃ限られる。

とても狭い人間関係になってしまうのだ。そのため、意識的に研究室外の人とコミュニケーションをとらないと、コミュ力が低くなる恐れがある。

また当然の事ながら研究室に行っているだけでは当然彼女もできない。

 

ちなみにぼくの研究室のドクターはかなり病んでいた。笑

マジで病的、というか病気だったけど、あんな所にずっといたらそうなるのも頷ける。

 

結局大学院は行くべきか

さて、今まで大学院に行くメリットとデメリットを書いたけど、じゃあ結局どういう人が進学したほうがよくて、どういう人が進学しないほうがいいのかという事を簡単にまとめる。

人生において若いうちの2年というのは結構貴重なのでよく考えてね!

 

大学院に行った方がいい人

大学院に行くメリットとデメリットはいろいろあるけど、ぼくが挙げたデメリットのほとんどがデメリットとならない人種がいる。

それは大手企業で研究・開発職を目指したい人だ。こういった人は間違いなく院に進学したほうがいいだろう。

ただそうは言っても学部3年生の時に就活をする事をおすすめする。

本当に研究・開発職がやりたいたいのか、他にやりたい事はないのか見直すきっかけになる。

 

大学院進学がオススメの方

  • 大手企業に就職したいけど現在の大学のランクでは学歴的に厳しそうな方(学歴ロンダ前提)
  • 研究・開発職に明確につきたいと考えている方

 

大学院に行かないほうがいい人

先ほどとは逆に、大学院に行く事のメリットをほとんど受けられず、逆にデメリットが大きい人がいる。

それは学歴がそれなりに高くてロンダする必要もない人や、いわゆる文系就職を目指す人だ。

こういった人にとっては、大学院進学はかなり効率が悪くなるだろう。

どうしても大学院に行きたければ社会人になってから会社の留学制度を使うという手もあるため、わざわざ大学を出てすぐに大学院に進学するメリットは感じられない。

大学院進学をオススメしない

  • すでに学歴が高い人
  • 文系就職を考えている人

みんな読んでる人気記事!

1

証券アナリスト試験をこれから取得しようと考えている方、1次試験は合格し、2次試験に向けて勉強している方に向けて書きました。 私は資格予備校等は使わず、証券アナリストに独学で合格しました。 勉強を始めた ...

2

今の100万円と1年後の100万円って価値は同じでしょうか? 同じという人もいれば違うという人もいるでしょう。   じゃあ質問を変えて、私があなたに100万円あげるとして、今貰うのと1年後に ...

3

  WACC(加重平均資本コスト)とは WACC(Weightted Average Cost of Capital)は日本語で言うと加重平均資本コストのことです。 ただ実際に使うときにはW ...

-就活
-, , ,

Copyright© 仮想通貨で本気出す , 2018 All Rights Reserved.