投資初心者向け

元証券マンが教える本当は怖いブルベアファンド

更新日:

投資信託の人気上位に挙がることもあるブルベアファンド。

一攫千金を狙えるイメージもありますが、ブルベアファンドにはデメリットが多いため、あまりおすすめできる商品ではありません。

そこでメリット、デメリットを含め、ブルベアファンドについて解説したいと思います。

ブルベアファンドとは

一応、ブルベアファンドについてご説明いたします。

ブルベアファンドとはベンチマークとなる指数よりも数倍のリターンが得られるように設定された投資信託です。

レバレッジをかける効果があることからレバレッジ型の投資信託に分類されています。

ブルベアファンドはさらにブル型とベア型に分かれます。

ブル型のファンドはベンチマークとなる指数のリターンを数倍上回るように設定されています。

例えば日経平均に連動するブル2倍ファンドの場合、日経平均が1%上昇したときは基準価格は2%上昇し、逆に日経平均が1%下落したときは基準価格が2%下落するようになっています。

一方、ベアファンドはブルファンドとは逆にベンチマークとなる指数が下落したときに利益が出るように設定されています。

こちらも日経平均に連動するベア2倍ファンドを考えると、日経平均が1%上昇したときは基準価格が2%下落し、逆に日経平均が1%下落したときは基準価格が2%上昇するように設計されています。

ブルベアファンドの仕組み

ブルベアファンドはなぜ普通のファンドよりも大きな値動きが出来るのでしょうか?

答えは、先物を使っているからです。

実際ブルベアファンドを構成している銘柄を見ると、先物だけであることがほとんどでしょう。

そのため、ブルベアファンドはファンドといっても実質的には先物の売買をしているのと同じようなものです。

余談ですが、金融商品はその仕組みや手間が複雑になればなるほど、目に見えないところでコストが価格に転嫁されていることがよくあるため、気を付けたほうがよいでしょう。

例えば手数料が0%といっても、そもそもの価格が高いということは往々にあります。

ブルベアファンドの場合も、普通は先物を売買しているほうが手数料は安くなります。

ブルベアファンドのメリット・デメリット

ブルベアファンドの仕組みを聞くと、少ない資金で大儲けできるチャンスがあると思うかもしれませんが、デメリットも多くあります。

そのため、ここではブルベアファンドのメリットとデメリットについて書いていきます。

また、証券会社でブルベアファンドに投資している人のほとんどは残業ながら損をしています。

こういった事実を知ったうえで投資判断をしていただければと思います。

ブルベアファンドのメリット

正直わざわざブルベアファンドを買うメリットはあまりないのですが、あえてメリットを挙げると手軽にレバレッジをかけた取引が可能なことでしょう。

特に最近はブルベアファンドのETFも何種類かあるため、個別株を買うのと同じようにブルベアファンドが購入できます。

ただしETFの場合は通常の投資信託とは違いレバレッジに制限があり、ブル型では2倍、ベア型では1倍が最大です。

そのため、ETFではブルベアファンドの最大のメリットであるレバレッジの恩恵を最大限受けられないのです。

ブルベアファンドのデメリット

ブルベアファンドは正直なところメリットよりもデメリットのほうが多いと考えています。

具体的には以下のようなものが挙げられます。

ブルベアファンドのデメリット

  • 手数料が高い
  • 損失が膨らみやすい

手数料が高い

一番のデメリットは手数料の高さです。

具体的にどういった手数料かというと、主に販売手数料と信託報酬の2つです。

販売手数料は投資信託を購入するときに必要な手数料で、ブルベアファンドですと通常2%程度の販売手数料が必要です。

ただし、ETFには販売手数料が必要なく、代わりに委託手数料が必要です。

その場合はSBI証券等のネット証券ですと、個別株と同じく委託手数料は0.1%程度でしょう。

また、信託報酬は運用会社に支払われる手数料です。

これは年間当たりいくらという形式ですので、ファンドを保有している限り常にこのコストを支払い続けることになります。

投資信託の場合、およそ年間1%の信託報酬が必要です。

ETFの場合は信託報酬が年間0.7%程度と少し安いのですが、そもそも日経平均連動のパッシブファンドですと信託報酬は年間0.1%程度なので、ブルベアファンドの手数料は圧倒的に高いということがわかります。

ちなみに、ブルベアファンドを購入するくらいなら手数料が安く、レバレッジもかけやすいCFDをおすすめいたします。

業界最狭水準スプレッド取引手数料0円!全額信託保全で安心安全

損失が膨らみやすい

ブルベアファンドは長期的に保有すると損をする可能性があります。

手数料が高いということも1つの要因ですが、それだけではないのです。

具体的に、日経平均に連動するブル3倍ファンドで考えてみましょう。

仮に日経平均が20,000円→21,000円→20,000円となった場合、ブル3倍ファンドに投資した20,000円は直感的には20,000円→23,000円→20,000円となりそうですが、実はそうはならないのです。

実際は以下のようになります。

 1日目2日目3日目4日目5日目
日経平均20,00021,00020,00019,00020,000
ブル3倍ファンド20,00023,00019,71416,75719,403

 

これはブルベアファンドが価格に連動するのではなく、リターンに連動するように設計されているからです。

具体的に、日経平均が20,000円→23,000円となった時のブル3倍ファンドで考えてみます。

まず日経平均が20000円の時にブルベアファンドは60,000円の先物の建玉を保有します。

その後、日経平均が21,000円になった時にはブルベアファンドの先物の建玉は63,000円となり、3,000円の利益が出るため純資産は23,000円となります。

本来ならここで23,000円の3倍、つまり69000円の先物の建玉を保有しなければリターンが連動しないのですが、現状では先物が63,000円分しかありません。

そこで、先物を6000円分買い増し、69,000円の建玉を保有します。

このようにブルファンドンドは日経平均が上がった時にさらに買い増しをするという性質があるのです。

このままずっと上がればいいのですが、一旦下がってしまいますと、買い増した分、損失がより大きくなってしまいます。

また逆に日経平均が下がったときは保有している先物の建玉を減らしますので、日経平均が元の水準に戻ったとしてもファンドの基準価格はは元には戻らないのです。

要するにブルベアファンドは先物を高い時に買って、安い時に売るようになってしまうのです。

これがブルベアファンドの損失が上げ下げを繰り返すレンジ相場では大きくなってしまう原因です。

もちろんこまめに利確してリスク管理をすればこの問題は解決しますが、そこまでしてブルベアファンドを買う必要があるのかという感じですね。

当然、日経平均が上がり続ける限りは大きなリターンを得られる可能性もあります。

ただ日本株はレンジ相場になりやすいため、日経平均やTOPIX等のブルベアファンドはあまりおすすめできません。

より少ない手数料で大きなレバレッジをかけるならCFDがおすすめです。

ブルベアファンドに比べれば手数料も安く、また必要に応じて大きなレバレッジもかけることができます。

業界最狭水準スプレッド取引手数料0円!全額信託保全で安心安全

-投資初心者向け
-

Copyright© お金のライブラリー , 2019 All Rights Reserved.