仮想通貨や株を中心に、就活等についても書いたブログ

投資初心者向け

サルでもわかる!バランスシート(貸借対照表・B/S)とは

更新日:

画像張ってから気づいたけど、こいつチンパンジーやんけ…

バランスシート(貸借対照表・B/S)とは

バランスシートとは、財務諸表の1つです。

企業のある時点での資産とその調達方法を表したものです。

見方としては、右側が企業の資金調達の方法つまり、お金をどうやって用意したかを表しています。

また左側が運用サイド、つまり調達した資金の使い道としてどういう資産を持っているか表しています。

 

バランスシートを簡単な例で置き換えてみる

例えばあなたが脱サラして1000万円の工場を作る場合を考えます。

もしかしたら結構稼いでいて、1000万円すでに持っているかもしれません。

そういう場合はバランスシートは下のようになります。

 

繰り返しになりますが、右側がお金の調達方法ですので、あなたの貯金1000万円がこれに当たります。

一方、左側は資金の使い道としてどういった資産を得たかを表しており、工場の1000万円が入ります。

もうお気づきかもしれませんが、右側と左側は同じ金額になっています。

当然といえば当然ですよね。

もし1000万円集めて、500万円しか資産がなかったら、残りの500万円はどこに行ったんだって話になります。

 

しかし、世の中1000万円をポンと出せる人のほうが少ないでしょう。

仮に400万円しかなかった場合、工場の建設は諦めなければならないでしょうか?

もちろんそんな事はなく、借金をして工場を建てるという選択肢もあります。

その場合のバランスシートは下のようになります。

 

この場合も左側、資産は1000万円として変わりません。

ではどこがさっきと違うかというと、右側の調達サイドが変わっています。

さっきは自分の集めたお金だけでしたが、今回は集めたお金が減って、借金が増えています。

 

じゃあ最後に600万円の借金と、400万円の自分のお金で工場を建てようと思ったら、800万円で買えちゃったため、残りの200万円で車を買った場合はどうなるでしょうか?

もうわかりますよね?

 

要するにバランスシートってこんなもんです。

しかしこれで終わってしまうと、ただの家計簿になってしまうので、今度は企業で考えましょう。

 

企業のバランスシート

企業のバランスシートはどうなっているのでしょう。

実はさっきの例とほとんど変わりません。

ただ、名称は決まっています。

 

運用サイドは先ほどと同じように資産と呼びます。

一方で、借金は負債、そして企業が用意したお金は純資産と呼ばれます。

この純資産は株主資本とか、自己資本とか呼ばれていました。

これだけです。簡単でしょう。

あと、資産”の部”の「の部」って何やねんと思った人がいるかもしれませんが、これはバランスシート見てもらったらそう書いているんでしょうがないです。

実際に企業のバランスシートが見たい人はTOYOTAのページの第5 経理の状況→連結財務諸表等から見ていただければと思います。

途中現金及び現金同等物やら、たな卸資産やら色々と書いていますが、ややこしいので飛ばして、区切り毎に合計が書いているので、そこだけ見ればいいかなと。

 

企業のバランスシート(少し詳しく)

これはやや進んだ内容なので読み飛ばしていただいても構いません。

企業のバランスシートは運用サイドと調達サイド、右側と左側が常に一致しているのか疑問に思った人もいるかと思います。

ここでもう一度、家計簿を持ってきます。

 

今は一致しているからいいですが、仮にこの工場の一部をあなたが壊してしまって、価値が800万円になってしまったらどうなるでしょうか?

まずは下のようになります。

これだと右側と左側が一致していませんね。

 

じゃあどうやって一致させるのでしょう?

明らかに右側が出っ張ってるんで、こっちを減らします。

そして借金を減らすか、あなたが集めたお金を減らすしか方法はないでしょうね。

でも常識的に考えて、勝手に借金を減らせるわけないですよね。笑

ですので、あなたが集めたお金、400万円の方が減ります。

 

ほら、右側と左側が一致したでしょう。

 

じゃあもっと減って、工場の価値が500万円になった場合はどうなるでしょう?

 

まずはこうなりますよね。

そして、右側と左側を調整するためには、あなたが集めたお金をマイナスにしないと一致させられません。

 

ややこしいので借金の隣に書きましたが、-100万円にするとちょうど釣り合いますよね。

これはどういう状態かというと、見ての通り借金です。

しかし、この状態でもあなたが集めたお金、-100万円は純資産なのです。

債務超過した企業というのはまさにこういう状態ですね。

 

バランスシートの使い方

バランスシートの見方はわかっていただけたかと思います。

しかし、これをどうやって使うねんって話ですよね。

一番わかりやすいのは、自己資本比率を見ることです。

下の式で表されます。

しつこいようですが、また家計簿を持ってきます。

 

この場合、自己資本比率=1000万円/1000万円=100%となります。

 

一方、もう一つの家計簿を見てみます。

 

こちらの場合ですと、自己資本比率=400万円/1000万円=40%となります。

 

要するに借金が0だと100%、借金が増えるにつれ自己資本比率は下がっていきます。

借金が0だといいのか、というとそうでもないんですが(これまたややこしい話があります)、借金が多すぎると倒産の危険性があるって事です。

目安としては自己資本比率が40%を下回るとちょっと注意したほうがいいとか言われていますが、これも業種によるので一概には言えません。

 

バランスシートのまとめ

①バランスシートは企業がどうやってお金を集め(借金or自分で用意する)、何を買ったかを表す。

②お金を集めた側(調達サイド)と買った側(運用サイド)は常に一致している。

③投資への使い方としては純資産÷資産=自己資本比率となり、40%くらいが目安で、それ以下は少し注意。

 

みんな読んでる人気記事!

1

証券アナリスト試験をこれから取得しようと考えている方、1次試験は合格し、2次試験に向けて勉強している方に向けて書きました。 私は資格予備校等は使わず、証券アナリストに独学で合格しました。 勉強を始めた ...

2

今の100万円と1年後の100万円って価値は同じでしょうか? 同じという人もいれば違うという人もいるでしょう。   じゃあ質問を変えて、私があなたに100万円あげるとして、今貰うのと1年後に ...

3

  WACC(加重平均資本コスト)とは WACC(Weightted Average Cost of Capital)は日本語で言うと加重平均資本コストのことです。 ただ実際に使うときにはW ...

-投資初心者向け
-, , ,

Copyright© 仮想通貨で本気出す , 2018 All Rights Reserved.